漢方薬は生薬が配合されている薬品をいうのではなく、そこには東洋医学的理論に基づく診断方法があり、それに対応する生薬の組み合わせには一定のルールがあります。
漢方薬を使う場合は伝統医学としての漢方医学を学ばなければ、本当の使い方はできません。
漢方を勉強すれば、広く活用でき、西洋薬の効果とは別の妙味ある効果が期待できます。
現在汎用されている薬方は傷寒論・金匱要略からのものが多いので、本講座の基礎コースは古方の理論を中心にした「日本の漢方」でカリキュラムを組みました。

 

漢方の概論、診察法、本草などを説明し、主な生薬・漢方を解説します。

 

このコースは各疾患に適用される漢方薬の応用について説明します。
一方通行の学習だけではなく、講師・受講者同士双方向交流のスクリーングも予定しています。
また、さらに漢方医薬学の学習を進めるために、また原文(古典)に親しんで頂くために、中級・上級コースも計画しています。これを機会に漢方医薬学の学習を受講されますようご案内いたします。

日本漢方協会eラーニング講座(Kampo Edu):伝統医学と研究

歴史と医学に豊富な知識をお持ちのあなたなら、今やってみようとは思わない時代遅れの医療について知りたいのではないでしょうか。極端なケースもありますが、伝統医学の有効性は現在に至るまで立証されており、また特筆すべきは、それが東洋起源であるということです。 

優れた医療の一部は中国で始まりました。鍼や指圧だけでなく、太極拳といった古くからの方法が今日まで伝承されています。保健、薬、人体についての新しいデータを使用することで、漢方研究は時を経るごとに改善されてきています。 

日本で発展した漢方は、治療や癒やしに生薬を用いるもう一つの伝統的なアプローチです。天然の材料を用いる漢方は、現代の薬品とは異なり副作用の少ない治療を目指しています。そのため、漢方薬は症状の軽い患者やよくある疾病の患者に投与されます。 

日本漢方協会eラーニング講座は、この伝統的な研究の方法を学ぶ、好奇心旺盛な姿勢を歓迎します。以下は、知っておくべき本講座の学習内容です。 

漢方の歴史

自然とその癒やしの効能についての研究は、古代中国に端を発しています。日本の役人が古代中国に到着したときには、すでに漢方の研究や方法は存在していました。役人たちは生薬に対する畏敬の念を持ち帰りました。 

紀元702年、日本の王朝は漢方を学ぶための薬学科を含む大学の創設を命じました。すぐに実現することは無かったものの、漢方とその手法は他の地方ですぐに受け入れられました。15世紀から16世紀頃、日本人に合った、日本独自の手法が編み出されました。 

隣国から学んだものに独自の発展を加味した漢方は、上流階級と農民の両方を助けました。この手法は現在まで受け継がれています。 

日本の国民健康保険制度は1967年以来、この制度の下で開発された薬品をコンスタントに承認してきました。今日あなたが目にする薬品のなかにも、漢方をルーツとするものがあるかもしれません。 

漢方講座

漢方の研究は世界各国の医師や研究者に広がっています。漢方は現在まだ永年にわたって研究されており、今日の技術と医療および科学の新しい知識とともに発展を遂げてきています。

漢方とは単に生薬というだけではありません。漢方を研究している者は、病気の原因や舌の状態、脈といった症状を見て患者の病気を診断します。西洋の分野でもその必要性は認識されており、漢方を学ぶ意思があります。 

範囲は以前より広くはないものの、漢方は配属先の病院で研修期間および特別コースで教えられています。当協会は中国と日本の両方にルーツを持ち、伝統医学を熱意ある人々に伝えています。

自然から学び、手助けをするため、漢方およびその他のコースの履修をご検討ください!