漢方の伝統医学と実践

日本では古来より薬草の利用が盛んに行われてきました。近隣のアジア諸国と同じように、日本にも多種多様な植物があり、体に様々な効果をもたらしてくれます。

日本には、中国の習慣や他の学問に根ざしたものもあります。しかし、日本では人々のニーズに合わせて、より良いものに磨き上げられてきました。

私たちの歴史の中で、伝統医学の素晴らしい物語のいくつかを見てみましょう。 

伝統医学

現在の私たちの薬の実践に参加している様々な側面を見てみると、世界中の他の国や分野とのつながりがより多くあることがわかります。鍼灸や類似の方法のような主な実践は別として、ほとんどの方法は、ハーブや実用的な医学に依存していました。

東洋と西洋の両方のプラクティスからの影響は多くあるかもしれませんが、漢方ほど保存され、維持されている方法はありません。 

古代漢方はいかにして日本に伝わったか 

ここ漢方エデュでは、漢方を通して、漢方と日本の伝統医学の両方の道を密接に教えてきました。

7世紀、古代日本と中国は良好な関係を築いていました。その中で、日本の外交官たちは隣国の漢方薬の教えを発見しました。彼らは帰国し、彼らの将軍自身のニーズに合わせて、独自の研究を開始しました。

古代では、これらの学問は『古事記』などの歴史書に記録されていました。また、一般的な健康問題の治療方法や病気の診断方法についても、同じ方法を身につけています。 

漢方とその発展

漢方が祖国で発展すると、日本でも漢方が発展しました。古代中国の王朝が変われば、その習慣や医学も変わっていく。日本の学者たちは、隣国の新しい道をたどらず、自分たちのやり方で漢方を実践した。

漢方を知るために奮闘した有名な医師には、後藤権山や山脇藤陽などがいます。

 

  • 権山後藤 (1659–1733)

 

また、後藤先生は、漢方医学の原型をしっかりと信じていました。彼は、漢代の医学思想を純粋に研究の基礎とし、弟子たちはやがて健康と医学の指導者となりました。彼の弟子たちはすぐに健康と医学の指導者となりました。 

 

  • 山脇東陽 (1706-1762)

 

若い医師であり、学者でもある彼は、身体や病気、その治療法についての旧来の考え方の違いを知りました。彼は自分の目で自分の本の真実を確認したいと思っていた。

その研究のために、彼は死刑囚の遺体を開封する許可を求めた。臓器書』(1759年)に発表した東洋は、日本史上初めて人体解剖を行った人物である。

漢方に関するその他の素晴らしい読み物は、他のブログをご覧ください。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *