漢方医学:日本の鍼治療

漢方医学:日本の鍼治療

私たちの体は、ホルモンの変化、ストレス、食事の心配などの内的および外的要因によって引き起こされる多くの健康状態に常にさらされています。そのため、医療専門家は常にこれらの永続的な問題に対処するための治療法を見つけることを追求しています。

 

漢方医学は、これらの健康上の懸念を抱える患者に最適な効果的かつ効率的な解決策を研究し、模索する人々の1人です。そして、私たちが今の時代にまだ関連していると思う一つの方法は、日本の鍼治療です。

 

中国人がこの治療法を日本にもたらした6世紀以来、医師は日本の文化を考慮に入れて独自のスタイルと技術を開発することができました。

 

それ以来、彼らは最小限のエネルギーを使用するだけで、より効率的かつ正確になるように技術を強化することができました。しかし、彼らの治療法の基本原理は依然として中国の理論に根ざしています。

 

漢方医学は、それが中国式であろうと日本式であろうと、彼らの医療方法は両方とも病気を臓器系の調和の不均衡と見なしていると信じています。身体の本来のバランスを取り戻す方法は、気のエネルギーが流れる可能性のある皮膚の穴である尖端を刺すことです。 

 

しかし、日本人が伝統的な中国の方法を真似するだけでなく、私たち自身のものを作る方法を信用するのが最善です。そうすることで、漢方医学は日本の鍼治療と中国の鍼治療の主な違いのリストを分解します。

2つのスタイルの

針のサイズ

違い漢方薬とは異なり、日本人は鍼治療を行うときに小さくて鋭い針を使用する傾向があります。それは、中国人の積極的なニードリングと比較して、私たちがどのように穏やかで痛みの少ない治療を好むかに関連していると考えられています。 

 

針の長さは通常10から30mmの範囲で、直径は主に12から16mmです。 

傷の深さ

刺し日本の方法はより穏やかであると考えられているので、針の挿入は皮膚の表面でのみ行われます。多くの人は軽いタッチを好みますが、挿入が深くなるほど、体を通る気のエネルギーの流れを感知できるため、効果的であると考える人もいます。 

ハーブ使用

の2つの文化の最も顕著な違いは、ハーブの使用です。中国人はハーブを彼らの治療法の重要な要素と考えています。 

 

ハーブの使用を歓迎する人もいますが、古典的な日本人は鍼治療にこれらを使用しないことを選択します。 

触診治療

古代日本の多くの盲目の施術者の慣習に根ざして、日本の方法は、鍼治療を行う際の前処理として触診または触診の使用に焦点を当てています。 

 

日本の医師は、指先が体内のどこにあるかを判断するために、患者の腹部に優しく触れる習慣に頼っています。これは一般的に腹部の触診と呼ばれます。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *