漢方エデュ|あなたの特定の健康上の問題に応じて異なるハーブを使用します。

漢方エデュ|あなたの特定の健康上の問題に応じて異なるハーブを使用します。

 

製造された薬の強力な副作用のために、人々(より年配の方)は漢方薬に頼っています。漢方薬は安全性が高く、科学的にも効果があることが証明されています。それでも、すべての自然の生命体が安全であるわけではないので、ハーバリストや化学技術者はまだ研究の探求を続けています。

 

このページでは、世界中で使用されている強力なハーブと、漢方医学で使用されている特別なハーブを紹介しています。このリストを通して、あなたの健康上の悩みに最も有用なものを知っていただければ幸いです。

薬用ハーブ

以下の植物とハーブは、井上、林、クレーカーによる2016年の学術誌論文から引用したものであり、また、ダルマナンダ博士の論文「The Practice of Chinese Herbal Medicine in Japan」からも引用しています。

甘草の根

これは世界で最も古いハーブ療法の一つで、西アジアと南ヨーロッパ地域に自生しています。その不思議な薬効は、その根から得られます。抗酸化作用、抗炎症作用、防腐作用があります。適切に抽出された甘草の根は、消化器系、ウイルス、胸やけの症状のためのサプリメントとして使用されています。

 

いつものように、甘草の不注意な過剰摂取は、高血圧、低カリウム、不規則な心臓の鼓動など、いくつかの慢性疾患を引き起こす可能性があります。

ジンジャー

生姜は香辛料として使われることが多いので、キッチンで見かけることが多いです。しかし、甘草と同様に生姜の根には抗酸化作用があり、高血圧や心臓や肺の病気などの慢性疾患を撃退する働きがあります。手軽に手に入るので、お茶や香辛料として、またパン作りにも利用できます。

シナモン

シナモンも生姜と同様に、料理にもパン作りにもよく使われる香り高いスパイスです。薬としては、抗菌、抗真菌、抗炎症などの健康効果があり、何よりも血糖値を下げる効果があります。糖尿病と闘う人には最適な治療薬です。

シャクヤクの根

牡丹は中央・東アジア原産の花です。その美しさと芸術や文化との結びつきはもちろんのこと、その根には筋肉痛の原因となる化学物質をブロックする強力な性質があります。そのため、月経痛やPCOSなどのホルモン障害に悩む女性に最適です。

銀杏

銀杏は、その化石が2億7000万年前にさかのぼる非常に古い種です。漢方薬としては言及されていませんでしたが、世界的に知られ、利用されています。その葉は認知症、不安症、うつ病などの精神疾患の治療に使われています。

 

ウコン 

ウコンは漢方薬の成分としても記載されていませんでした。しかし、今ではどこでも手に入るようになり、お茶や料理のスパイスとしても利用されています。元々はインドが原産で、ウコンの研究では、ガンやDNAの変異を防ぎ、皮膚病を改善する効果があると言われています。ただし、摂りすぎると胃腸の調子が悪くなる可能性があると言われています。

 

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *